2017年3月19日日曜日

宣言文第一稿掲載

宣言文の第一稿です。まだ、ぼくの個人案です。みなさんの意見、改善案を待っています。

レポートの連載ははじまったばかりですが、最初の段階から宣言文案を公開します。

まさお


エネルギー選択宣言

・わたしたちは、エネルギーを利用することによって環境を汚染してきました

・石炭や石油、ガスの化石燃料を使うことによって、温暖化を招く温室効果ガスを大気に排出してきました

・原子力を使うことによって、核のゴミを排出してきました

・わたしたちは、これら負の遺産を次の世代に残していきます

・わたしたちは、どのエネルギーを選択するかによって、その流れを変えることができます

・わたしたちの暮らしの中には、エネルギー源として利用できる資源があります

・それは、再生可能エネルギーといわれるものです。太陽の光であったり、風であったり、木やその他植物を起源とする生物資源などです

・これらのエネルギー源は、枯渇しません。持続性があります。

・二酸化炭素などの温室効果ガスや核のゴミも残しません

・発電、熱供給、交通において持続性のある再生可能エネルギーに切り換えていくには、たいへんな時間とお金がかかります

・でも、わたしたちが残していく負の遺産のことを考えると、わたしたちは今すぐにでもそれに取り組み、次の世代のため、環境のために再生可能エネルギーに投資していく必要があります

・そうしないことには、世代間の公平性と社会の持続性が確保できません

・わたしたちは、今享受している環境と豊かさを後世の世代も同じように、いやそれ以上に享受できることを願っています

・そのためには、再生可能エネルギーへのエネルギー転換を図るだけではなく、省エネ社会を築いていかなければなりません

・エネルギー消費を減らし、持続的に成長していける社会を造ります

・わたしたちは、人にやさしく、環境にやさしい持続可能な社会を実現するため、自分の暮らしの中において市民自身でエネルギーを選択します

・そのため、電力商品毎にそのエネルギー源構成が詳しく表示されされることを求めます

・再生可能エネルギーで発電されたグリーン電力についても、それがグリーン電力であることが証明され、その普及がより促進されることを求めます

・わたしたち個人の力は小さく、政治権力や経済権力に対してたいへん微力です

・でも、わたしたち一人一人が自分でできることをし、それがたくさんの市民の力によって実現されれば、たいへん大きな力になります

・エネルギーを自分で選択するのは、消費者の主権です

・わたしたちはその主権を守りながら持続的な社会を造るために、みんなで力を合わせてエネルギーを市民の手に取り戻します

2 件のコメント:

Bontaka GER さんのコメント...

いいですね!素晴らしいブログありがとうございます。
・原子力を使うことによって、核のゴミを排出してきました。
の後ですが、

 原発作業員を被曝させながら点検をさせ、通常運転を行って来ました。

をくわえたいように思います。如何でしょうか?

ドイツ公益社団「さよなら原発デュッセルドルフ」理事 高岡

ハナコ さんのコメント...

高岡さま

 コメントありがとうございます。コメントいただいた後に、コメント欄と返信欄の両方にコメントを入れたのですが、公開されていないのに後で気づきました。その後も何回かトライしたのですが、小生のコメントがアップできません。

 今になってようやくわかったのですが、使っているBloggerというブログでは、コメントを埋め込み式にすると、ブラウザーによってはコメントをアップできないものがあるということです。それで、コメント投稿をポップアップウィンドウに変えました。それで、小生もコメントをアップすることができるようになりました。

 返信遅れてしまったこと、ご容赦ください。

 さて高岡さんのコメントですが、原発作業員の問題は小生も承知していますし、見逃してはならない問題だと思っています。

 ただここでは、文脈からして核のゴミを次の世代に残していく問題について述べています。なので、ご指摘の問題はわかるのですが、原発作業員のことは敢えてここではいれませんでした。

 宣言文は、市民自らが使用するエネルギー源を選択していくと主張するものです。原発の問題をすべて網羅するものではありません。原発の問題については、また別の機会にいろいろ指摘していきたいと思っています。

 ご理解いただければと思います。

まさお