2017年4月13日木曜日

6章について

6章は、筆者として最も重要な章だと思っています。

それは、暮らしの中で何を買うかによってエネルギーをたくさん消費するか、省エネするかも一緒に選択していることになるからです。それについて、消費者として問題意識を持ちたいと思います。

さらに、資本主義社会においては安く生産できる場所に生産拠点が移転されていきます。ただ、その安く生産できるということにもいろいろ理由があります。それによって、資本を持っているほうがより得をしていることにも、消費者として問題意識を持ちたいと思います。

安く生産できるところで生産するということも、どこでエネルギーを使い、エネルギーをどう使うかを選択していることになります。

 6章についても、コメントや質問、反論、批判、間違いの指摘を以下のコメント投稿を使ってお願いします。

まさお
5章について

ここでは、エネルギー消費を削減して省エネするというよりは、エネルギーそのものを使わないで生活することもできる部分もあることを示したかったのです。

もちろん、ドイツと日本では気候条件も違うので、ドイツでできることを日本でもできるとは限りません。

ただそこは工夫とアイディア次第で、生活の知恵でいくらでもエネルギーを使わないで済ませることができるはずです。

エネルギーを使わないことも、エネルギーを選択することになります。それを伝えたかった。

 5章に対するコメントや質問、反論、批判、間違いなどについて、以下のコメント投稿欄を使ってコメントしてください。

まさお
4章について

4章は、熱供給がポイントです。

 熱をどう造るのか。電気で熱供給していては電気がいくらあっても足りません。それに代わるのがガスです。でも化石燃料のガスを使っていては、いずれガスが枯渇します。その代替となる手段をここでは挙げました。

 特に、農業や食生活から排出される生ゴミがガスをつくる原材料になります。その意味で、ぼくたちの暮らしの中にエネルギー源があることになります。それを知ってほしいと思いました。

 熱供給においてばかりでなく、発電においてもガスは、再生可能エネルギーによる発電の変動をカバーするためにとても重要なエネルギー源になります。それは、ガス燃焼だけが再生可能エネルギーによる発電の変動の早さに対応できるからです。

さらに、熱の消費を減らして省エネすることも重要であることをここで伝えたかった。

 4章に対するコメントや質問、反論、批判、間違いなどは、以下のコメントに投稿してください。

まさお