2017年4月13日木曜日

5章について

ここでは、エネルギー消費を削減して省エネするというよりは、エネルギーそのものを使わないで生活することもできる部分もあることを示したかったのです。

もちろん、ドイツと日本では気候条件も違うので、ドイツでできることを日本でもできるとは限りません。

ただそこは工夫とアイディア次第で、生活の知恵でいくらでもエネルギーを使わないで済ませることができるはずです。

エネルギーを使わないことも、エネルギーを選択することになります。それを伝えたかった。

 5章に対するコメントや質問、反論、批判、間違いなどについて、以下のコメント投稿欄を使ってコメントしてください。

まさお

0 件のコメント: