2017年5月14日日曜日

全文PDF版の公開

『エネルギー選択宣言』の連載は、ホームページ上ではすでに完結しています。ホームページ上では、すでに全文PDF版(A4105ページ)がダウンロードできるようにしてあります。

全文PDF版をご希望の方は、以下からダウンロードしてください。

まさお

2017年5月3日水曜日

コメント投稿の問題

 このブログを立ち上げて2カ月経ちますが、ブラウザーによっては、コメントを投稿したくてもコメントが表示されないことがようやくわかりました。

 ここではグーグルのBloggerを使っていますが、 Bloggerではコメント投稿を埋め込み式にすると、エクスプローラやファイアフォックスなどのブラウザーではコメントを投稿してもアップできません。

 そのため、コメント投稿を埋め込み式からホップアップウィンドウ式に変えました。

 これまでコメントを入れたのに、コメントが表示されないという方もいらしたかもしれません。

 これで、誰でもコメント投稿が可能なはずです。エネルギーに関して活発に議論できればと思います。

まさお

2017年5月1日月曜日

9章について

9章については、筆者のいいたいことは本文に書かれています。短い章ですし、本文を読んでいただければと思います。

 9章に関するコメントや質問、反論、批判、間違いの指摘を、以下のコメント欄にお願いします。

まさお
8章について

交通については、将来現代人には未知なことがたくさん出てくると思います。たとえば無人運転者もその一つです。ただここでは、倫理の問題があります。市民も、倫理問題の議論に積極的に参加していかなければなりません。

さらに電気自動車の普及で、自動車産業界において雇用がたくさん喪失されていくことが予想できます。たとえば電気自動車にはギアが不要で、電気自動車では今の化石燃料車に比べて、部品数が格段に減ります。

でもここでは、そうした問題は取扱いませんでした。あくまでも、交通は将来どうなっていくかを見ました。

ただ現在は、交通の将来を手探りで可能性について追求している段階です。ここでも、消費者のアクセプタンスがとても重要になります。

 8章に関しても、それに特化するコメントや質問、反論、批判、間違いの指摘を、以下のコメント投稿にお願いします。

まさお
7章について

ここでは、将来住宅はどんな感じになっていくのかを見てみました。

ドイツで立案されたものを見たわけですが、それがすべてではありません。これからもいろいろなアイディアが出てくると思います。ただその時に大切なのは、使う側の住民のアクセプタンスと住民の住み心地の良さです。いくらエネルギー消費上優れた住宅でも、住民が住み心地がいいと感じ、受け入れない限り意味がありません。

もう一つここで問題提起したかったのは、再生可能エネルギーが普及するにしたがって自家発電、自家消費が増えてくることです。その結果、再生可能エネルギーを促進するために消費者全体で負担してきた構造が崩れてきます。それをどう解決していくのか、今の段階から考えなければなりません。

 7章に関するコメントや質問、反論、批判、間違いの指摘を、以下のコメント投稿を使ってお願いします。

まさお