2017年5月1日月曜日

7章について

ここでは、将来住宅はどんな感じになっていくのかを見てみました。

ドイツで立案されたものを見たわけですが、それがすべてではありません。これからもいろいろなアイディアが出てくると思います。ただその時に大切なのは、使う側の住民のアクセプタンスと住民の住み心地の良さです。いくらエネルギー消費上優れた住宅でも、住民が住み心地がいいと感じ、受け入れない限り意味がありません。

もう一つここで問題提起したかったのは、再生可能エネルギーが普及するにしたがって自家発電、自家消費が増えてくることです。その結果、再生可能エネルギーを促進するために消費者全体で負担してきた構造が崩れてきます。それをどう解決していくのか、今の段階から考えなければなりません。

 7章に関するコメントや質問、反論、批判、間違いの指摘を、以下のコメント投稿を使ってお願いします。

まさお

0 件のコメント: