2018年4月18日水曜日

熱供給といっても、冷蔵庫や冷房など冷やすためにもエネルギーが必要ではないか?

再生可能エネルギーQ&A

 その通りです。

 熱には、暖かい熱と冷たい熱があります。前者を温熱、後者を冷熱といいます。たとえば、エアコンは冷房(冷却)にも、暖房(加熱)にも使えますが、空気をその熱源にしているにすぎません。

 空気を熱源として、空気を減圧して膨張させたり、加圧して圧縮します。それによって、熱を吸収させたり、発熱させたりできるのです。それで、冷やすこと(冷熱)も、熱くすること(温熱)もできます。

 ですから、熱とは温熱と冷熱の両方を意味します。それをうまく利用しているのがエアコンというわけです。

 土は空気よりも温度が安定していて、空気ほど温度が変化しません。その地中の熱を熱源として利用すれば、同じように暖房にも冷房にも使うことができます。水も熱源として利用できます。

 こうして見ると、生活の周りには熱として利用できるものがいろいろあることがわかります。

2018年4月11日水曜日

電気以外に必要なエネルギーには、どんなものがあるのか?

再生可能エネルギーQ&A

 まず、日常の生活から見てみましょう。

 料理をするには熱が必要です。その熱は現在、ガスや電気がエネルギー源となっています。

 食器を洗う時のお湯、お風呂に入る時のお湯をわかすのにも熱が必要です。この熱は現在、ガスや電気がエネルギー源となっています。また、発電所で発生する廃熱をそのエネルギー源とすることもできます。

 車を動かすにもエネルギーが必要です。動力燃料です。現在は、ガソリンやディーゼル燃料と、石油から製造された化石燃料がそのエネルギー源になっています。

 電車やトラムを動かすにもエネルギーが必要です。現在は、そのほとんどが電気がエネルギー源になっています。

 飛行機を飛ばすにもエネルギーが必要です。その燃料は現在、ケロシンといわれるディーゼル燃料に似た石油からできた燃料です。

 また、工場でもエネルギーが必要です。機械を動かすためのエネルギー(電気)、また工場ではたくさんの熱が必要とされます。

 まとめると、われわれが必要なエネルギーは、電気以外は、熱と動力燃料にまとめることができると思います。

2018年4月4日水曜日

前回のQ&Aからすると、再生可能エネルギーは発電以外のためにも使えるということか?

再生可能エネルギーQ&A

 そうです。

 エネルギーは、発電して電気として使うばかりでなく、発熱させて給湯や暖房に使います。さらに、エネルギーは自動車などを動かすための動力燃料にも必要になります。これらエネルギーを必要とするものをまとめて総合的にエネルギーの利用について考える必要があります。

 再生可能エネルギーにはこれまで見てきたように、太陽の光と熱、風、水、植物から得られるバイオマスやバイオガスがあります。

 それぞれをエネルギー源として利用するには、いいところと使いにくいところがあります。

 たとえば、太陽が照っていないと発電できません。風もないと発電できません。

 それをうまく組み合わせれば、エネルギーの供給をより効率よく安定させることができます。そして、再生可能エネルギーでエネルギーの安定供給を実現するシステムを開発することに、技術的なイノベーションをもたらす効果もあります。

 日本では、エネルギーを発電に利用するということに固執しすぎていると思います。エネルギーは電気だけではないことをしっかりわかってほしいと思います。

 再生可能エネルギーのそれぞれをどう組み合わせていくかについては、これから徐々に説明していきたいと思います。